輸出と発展の要、台湾の自動車産業に見られる特徴とは

台湾は日本と地理的に近い位置にあることから、産業や経済の面でも関わりの深い地域です。特に自動車産業が急速に発展しているということで、世界的にも注目を浴びています。

台湾には自動車部品を製造している企業がいくつもあり、品質の高い部品を作っています。組み立て工場などもあることから、台湾製の自動車が世界各国に輸出されています。国内の企業や個人が自動車を購入するというケースも多く、道路を走る自動車もたくさん見られますが、郊外への輸出がそれ以上に多いということが台湾の自動車産業の特徴です。そして、日本もその輸出先の1つとして位置づけられています。他に中華人民共和国やアメリカ合衆国など、人口が多い国への輸出量が多いです。
また自動車部品を製造するメーカーだけでなく、部品の発注元となる業者もたくさん見られます。自動車を製造するには高い技術力が必要になりますが。現在の台湾では以前よりも教育水準が高めで理工系の優秀な人材も豊富であることから、国全体の産業を支えて行くくらいに成長しています。

特に輸出額について考察してみると、10年前の水準よりも格段に増えており、この傾向は今後も続いて行きます。自動車産業が潤うことで、国や自治体の税収も増えることから台湾全体が裕福な地域になって行くということを意味します。そして、地理的に近い日本では、自動車産業の分野も含めて経済的な連携を深めて行くことが強く求められています。

コメント欄は閉じられています。